個人再生は借金から救ってくれるのか

多額の借金を抱えているときには、債務整理をすればなんとかなる可能性があります。その債務整理のひとつが個人再生です。個人再生は、裁判所を通じて債権者に債務を減額してもらえる仕組みです。再生計画をつくって裁判所に認可されたら約5分の1から10分の1まで減額してもらえます。減額してもらった後は、原則として3年、場合によっては最長で5年の返済をしていきます。債権者の同意は小規模個人再生であれば必要ですが、給与所得者等再生であれば不要です。完全に借金がなくなるわけではありませんが、そこまで減額をしてもらえれば生活を維持しながら返済できる可能性がでてきます。この手続では借金を減らすだけで、財産を強制的に処分されることはないので家や車を手放さずに済みます。しかし、個人再生をしたという事実は、個人信用情報に記録されますから一定期間は住宅ローンやクレジットカードを申し込んでも審査に通ることは難しいです。それから官報にも掲載されるので、一般の人はあまり読まないでしょうが知人や友人が就いている仕事によっては知られてしまう恐れがあります。

払いすぎてしまった利息取り戻しませんか?>>>TOP