借金の総額を減らせる任意整理

借金の悩みを抱えている場合は、任意整理と呼ばれる方法を選択できます。
金利の上限は、出資法と利息制限法により定められています。
任意整理では利息制限法の上限金利に引き下げて再計算を行い、支払い過ぎていた金利分は元本に充てます。
引き直し計算後の元本だけを分割して返済するため、任意整理をする前よりも経済的な負担が少なくなります。
借金の返済を長年続けている人の中には、任意整理で過払い金が判明するケースもあります。
過払い金が発生している場合は、過払い金の返還を請求できます。
弁護士に依頼して任意整理を行う場合は、開示された取引履歴をもとに引き直し計算を行います。
借金の額が確定したら和解案を提示して交渉し、和解したら合意書で確認された内容に基づいて分割金を振込みます。
弁護士に依頼すると各債権者に受任通知が届き、金融機関の取り立てが止みます。
取引期間が長い場合は、過去の契約書や返済の証拠書類があると手続きを有利に進められます。
弁護士が請求すれば相手側は取引の履歴を提出するので、契約書などを紛失した場合でも依頼できます。

払いすぎてしまった利息取り戻しませんか?>>>TOP