カテゴリー: blog

取引履歴開示の経緯

同一の貸金業者から借換をして借換前の借金を清算したという場合には、借換前と借換後の取引で一つの取引として法定利息に基づき引き直し計算をするということになるそうです。ですから、弁護士に依頼する場合などは、最初の取引時期を申告するようにするべきだそうです。
通常過払い金が発生するのに、5年〜7年以上取引が継続していることが必要となっているそうなので、契約書を無くしている人も多いそうです。
ただし、貸金業者は全取引履歴を開示するという法的な義務があるそうなので、もし資料を紛失していたとしても、貸金業者が取引履歴を開示されたものを元に過払い金請求をして返還してもらうのは可能だそうです。
ただ、やはり貸金業者が本当に全取引履歴を開示しているのかどうかをチェックするためにも本当は資料が残っているのが望ましいそうです。
また完済していたり、長期に及ぶ場合に、貸金業者が開示してこない場合もあるそうです。返還してもらえる権利があるのですから、ここのところがチェックできるのが望ましいかと思います。

払いすぎてしまった利息取り戻しませんか?>>>TOP